分享
扫一扫 手机继续看
下载视频
情死曾根崎
情死曾根崎
去下载
下载需先安装客户端
{clientText}
客户端特权: 3倍流畅播放 免费蓝光 极速下载
手机看
{title} 当前播放至 {time}
{isFollow ? '加入看单成功,可前往个人中心查看看单列表' : ''}

曽根崎心中 预告片

{likeText}
+1
{pText}
{dislikeText}

简介

  • 文楽を野外やスタジオセットで撮影するという実験的な作品。背景やカメラワーク以外、人形・三味線・大夫など、そのまんま文楽である。数年前に文楽を観に行ったとき、舞台のどこをどう見るかは自分の視点次第で、人形を生きているかのように操るのを存分に観たが、この作品ではより演出された文楽を楽しむことができる。人形の顔をアップにして感情を表現する、引いて背景をからませ雰囲気を盛り上げるなど、監督やカメラの努力で通常とはひと味違う文楽になっている。 ------------------------------------ この映画の八十七分間に、ついに人形遣いも三味線も太夫も顔を見せなかった。さらに生玉神社前は実景、曾根崎遊郭前はキャメラが奥行きとらえた縦構図、道行きの移動キャメラに現れるは本物の川の流れを見せた川堤。すべてのこの冒険の文楽映画を、何の違和感持たせずやりおおせた。 いよいよ、お初、徳兵衛が天満屋からまろび出るところからが道行きとなるのだが、ここで語られる太夫の『此の世の名残り、夜も名残り……』が、織大夫と呂大夫の二人語りとなって、道行きはあたかもオペラのクライマックスの感を盛り上げ酔わせてゆく。そして近松門左衛門の何たる美文名句…。ラストシーンでは、人形遣いの黒衣は闇の中に溶け込み、お初と徳兵衛の人形だけが、まさに生きた二人の人間となって樹々の間を縫い、星影映る水の面に影を落としながら、永劫の宇宙の彼方へ旅して行く。

    详情 收起

小视频

剧照

{title}

为你推荐

情死曾根崎的影评

下载腾讯视频客户端