分享
扫一扫 手机继续看
下载视频
希望のシグナル ─自杀防止最前线からの提言─
希望のシグナル ─自杀防止最前线からの提言─
去下载
下载需先安装客户端
{clientText}
客户端特权: 3倍流畅播放 免费蓝光 极速下载
手机看
{title} 当前播放至 {time}

《希望 自殺防止最前線からの提言》预告

{likeText}
+1
{pText}
{dislikeText}

简介

  • 导演: 都鳥伸也   

    東北の小さな町からはじまった“懐かしくて新しい”活動の記録 私たちが暮らす日本では、毎年約3万人が自らその命を絶っています。残された家族や友人は自らを責め、悩み、ときに周囲からの偏見に苦しみます。こうした現状の中、秋田県にひとつの兆しを見つけました。日本で最も自殺率が高い地域だからこそ、先駆的な取り組みが行われていたのです。映画『希望のシグナル』は、自分たちならではの活動を続ける人たちを追いかけます。過疎化が進む地域のコミュニティを復活させたいと1杯100円のコーヒーサロンをはじめた袴田俊英さん(心といのちを考える会)。“中小企業の経営者を倒産ごときで死なせてたまるか!”とNPOを立ち上げた佐藤久男さん(NPO法人 蜘蛛の糸)。仙台市で自死遺族のための自助グループを運営する田中幸子さん(藍の会)。映画は、彼らが様々な人と出逢い、つながり、やがてそれが大きな流れへと至るまでを見つめます。 地域の文化に根ざした映画を発信し続ける双子のフィルムメイカー“都鳥(とどり)兄弟”の挑戦 兄・拓也と弟・伸也は1982年生まれ。岩手県北上市出身・在住の映画プロデューサーです。岩手県西和賀町の生命行政を追った『いのちの作法─沢内「生命行政」を継ぐものたち─』(08)、盛岡市の児童虐待に迫った映画『葦牙─あしかび─ こどもが拓く未来』(09)を企画・製作するほか、数多くのドキュメンタリー映画の上映会を開催してきました。そして本作ではじめて、伸也は監督、拓也はカメラマンとして、彼らならではのスタッフワークで命を支える活動を記録しました。

    详情 收起

小视频

剧照

{title}

为你推荐

希望のシグナル ─自杀防止最前线からの提言─的影评

下载腾讯视频客户端